知ってナルホド美容と健康のこと

体に次々に現れる不調!ストレスが様々な体の不調を引き起こす

 

知ってナルホド美容と健康のこと

 

はっきりした原因も無いのに、様々な不調が出てきたら、誰しもが焦ると思います。

 

「このままではダメだ」と

 

何とか喰い止めよう、改善しようと様々な対策を取ろうとすると思います。

 

でもその頑張りが何の効果も出してくれない時ってあるのです。

 

 

様々な不調が続出する

 

私は30歳で出産しました。

 

娘なのですが、生まれつき視力に問題があり、本人もその不具合から不都合を感じていてか、4歳ぐらいまではかなり精神的に不安定で育てにくい子供でした。

 

 

なので、私は24時間、365日、常に緊張した状態で娘に接していました。

 

 

そんな生活を続けている内に、徐々に自分が変わり始めたのです。

 

まず花粉症になりました。

 

でも、花粉症は誰しもがいきなりなるものでしょうから、「ついに自分にも来たか…」ぐらいだったのです。

 

 

そして元々冷え性は冷え性だったのですが、それが更に酷くなり、真冬は正常な判断ができないぐらい身体が冷え、気持ちも凄く憂鬱になるようになりました。

 

はっきり言うと「生きているのが辛い」と毎日考えるような状態です。

 

 

そして肌は痛みを伴うニキビが次々にでき、ガタガタになっていくし、髪の毛の艶が全く無く、切れ毛も酷くてバサバサになっていきました。

 

 

又、身体中が乾燥により痒くて痒くて眠れない日々も続くようになったのです。

 

 

何とか対策を取ろうともがく日々

 

独身の頃には経験した事のない不調が次々に出て来るので、戸惑いながらも、「年のせいか出産のせいか?」と思い、「でも、ほうっていたらどんどん酷くなりそうだし、何とかしないと」と思ったのです。

 

ですから、色々試しました。

 

  • 花粉対策に空気清浄機を導入する
  • 冷え性対策に腹巻
  • レッグウォーマーを購入
  • 生姜を色々な食べ物に取り入れたり
  • 生姜紅茶を毎日飲んだり

 

・・・

 

そして、さらには

 

  • 基礎化粧品を全て敏感肌用に買い替える
  • リンパマッサージを毎日取り入れる
  • 美容院のシャンプー、コンディショナーに変える
  • 加湿器を入れる
  • 保湿剤を塗る

 

と集めた情報を片っ端から試していったのでした。

 

 

全てはストレスが原因だった?

 

でも、色々やってもやっても結局は何の効果も無かったです。

 

今思えば、もがいていただけだったように思います。

 

やっても出口が全く見えないので、段々「年のせいかもしれないし、自然に逆らうのもしんどいかも…」と思うようになってきたのです。

 

 

ある意味達観したといった感じでした。

 

そしてちょうどその達観した頃に、娘の情緒も落ち着いてきたのでした。

 

急に泣きわめいたり、何時間でも泣き続けたり、といったハラハラさせられるような事が少しずつ減っていくようになりました。

 

 

私の言う事も理解してくれるようになりましたし、常に気を張っていないといけないという緊張状態から解放されるようなって、自然とストレスが減っていったように感じます。

 

 

そうなると、色々対策しても何の効果も無かった不調がどんどん小さくなっていったのでした。

 

 

春になると鼻はムズムズしますが、一晩中鼻水が詰まって眠れないなんて事は無くなりました。

 

冬は勿論寒くて辛いですが、「死にたい」なんて思いません。

 

肌も髪の毛も年齢相応の状態だと感じます。

 

乾燥も加湿器などを普通に利用していたら、病院に駆け込むほどではなくなりました。

 

 

知ってナルホド美容と健康のこと

 

心のゆとりこそ健康と美を保つ

 

娘ももう小学生になり、あの辛かった頃からもうだいぶ経っています。

 

今思えば「本当に辛かったんだろうな」「かなりストレスがかかっていたんだろうな」と思います。

 

 

そう考えると「ストレスって本当に怖いな」って思うのです。

 

どんな対策をしても、どんなにお金をかけても、全然改善されないのに、ストレスが無くなるとスーっと改善されるのですから。

 

 

でもストレスって自分が溜めようと思わなくても周りの環境とかで勝手に溜まるものでもあると思います。

 

ですから、不可抗力的な面もあるので仕方がない部分もあるのでしょうが、

 

「あの時少しでもゆとりを持って娘に接する事が出来ていたら、あそこまで自分にストレスを溜めずにすんだのかな…」

 

と過ぎたから言えるのかもしれませんが、今となってはちょっと反省しています。

 

最近の心配だったこと

 

娘が小学生になってから、学校の環境が悪いのか、どうも鼻をズルズルさせていました。

 

鼻炎になってしまうと、呼吸がうまくできなくなってしまったりして、体にストレスがかかってしまいますよね。

 

呼吸というのは、24時間365日しているものですから、子供の鼻炎というのは本当に心配のタネになります。

 

わたし自身がストレスが原因で色々とあったので、子供にはなるべくストレスを感じずに過ごして欲しいと願っているんです。

 

それに、子供が心配だと、自分自信にもストレスがかかってしまいますからね。

 

というわけで、こちらの子供の鼻炎にお茶のところを見て、子供の鼻炎に良さそうなお茶を買って飲ませることにしたんです。

 

わたしも鼻は強い方ではないので、わたしも一緒に飲むようになりました(笑)

 

結果的には、かなり子供の鼻炎が改善されましたよ。何事も、試してみないことには分かりませんね。

 

ただ、上のサイトは参考にはなったのですが、カフェインを含んでいるお茶も紹介されていたのが、ちょっと気になりましたかね。

 

わたし個人としては、子供にカフェインを飲ませるのは、多少だったら問題ないと思いますが、寝る時間とかを考えて飲ませないといけないので、ちょっと面倒ですよね(笑)